ピュアウォーターの作られ方

ピュアウォーターがどのような方法で作られているのかについて紹介します。最初の記事でも紹介したとおり、ピュアウォーターは自然には存在していない水ですので、人工的な方法でもって作られることになります。特別な濾過を行うことによって、水中の成分を取り除くことができます。この際、ピュアウォーターの作成のために使用されることになる濾過フィルターの一つであるのが「RO膜」と呼ばれるものです。

RO膜は別名、逆浸透膜とも呼ばれるもので、従来の濾過システムでは取り除くことができなかった、微細な水中物質まで取り除くことができるのが特徴です。水中のミネラルなどもこれによって取り除くことができるようになっているため、濾過を行うことでピュアウォーターの精製が可能になっているのです。そのため、ピュアウォーターは純粋な水という意味で純水と呼ばれることもあれば、RO膜による濾過が行われた水ということでRO水と呼ばれることもあります。

水の宅配業者などで「RO水」という名前で販売されている水があった場合、これはピュアウォーターであると考えてかまいません。このようにして作られたピュアウォーターは、様々な用途に使用できるようになっています。